スーツケースを通勤カバンとして使う人が増えています

持ち手が伸び、キャスターによって床や地面の上を転がせるスーツケースは、一般的には旅行に用いられるカバンです。しかし、現代ではそんなスーツケースの役割が多様化しています。

新しいスーツケースの使われ方として、通勤時のカバンとして利用することが挙げられます。ビジネスにおいてスーツケースを用いる場面といえば、まず出張などを思い浮かべるでしょう。ところが、出張の際に限らず、日常的にオフィスに通勤する際も、スーツケースを使う社会人が増えているそうです。

なぜ、出張ではない日常の通勤でスーツケースを使うのでしょうか?

通勤にスーツケースを使用するメリットは?

スーツケースのもっとも大きな特徴は、キャスターを転がすことで重い荷物も少ない負担で運べるという点です。出勤時にスーツケースを使用する主なメリットもここにあります。

現代では多くの企業で働き方を見直し、残業時間が短くなるような工夫をしています。一方で、これまで残業をすることで終わらせていた仕事を、代わりに自宅に持ち帰ることもあります。仕事を持ち帰る場合は、一緒に会社のノートパソコンを持ち帰る方が多いです。社用のノートパソコンならば必要なデータがすべて入っており、かつセキュリティが万全であるためです。

ノートパソコンは、大変軽く持ち運びやすいものの、それはあくまでデスクトップパソコンと比較した場合の話です。近年のノートパソコンは、重量が平均1.5kgと言われています。特別重いと感じるほどの重量ではないものの、持ち運びの際の負担になることは変わりません。

自宅で仕事をする際に持ち帰るものは、社用のノートパソコンだけではありません。場合によっては多くの書類を持ち帰る必要があるかもしれません。紙類は、1枚の重量ほど気にするほどではありませんが、枚数が増えるとノートパソコンにも引けを取らない重量となります。ノートパソコンとあわせた時の重量は決して無視できません。

オーソドックスなビジネスバッグではなく、キャスターつきのスーツケースならば、ノートパソコンや書類をはじめとした重量のある荷物を持ち運ぶ際に伴う負担が軽減されます。特に、歳を重ねて身体機能が衰えた、怪我をしやすくなったという自覚がある方は、スーツケースを使うことで腰痛や肩こりを予防することができます。

通勤用におすすめのスーツケースは?

通勤にスーツケースを使用するメリットは分かりましたでしょうか?では、どのようなスーツケースが通勤時に使いやすいでしょうか?

共通して言えるのは、雨の日でも持ち歩ける素材の製品が良いということです。布製が多いソフトタイプよりは、プラスチックやポリカーボネートを使ったハードタイプのものがおすすめです。容量に関しては、旅行のような大荷物が必要ないため、もっとも少ない40L未満のもので問題ないでしょう。

この他、満員電車に乗って通勤する方は、人に蹴られたり、ぶつかられたりしても壊れない耐久性の高いものを選びましょう。駅などで階段を使った昇り降りが多い方は、少しでも持ち運びの負担を軽減できる軽量タイプのものが適しています。

通勤に適した多種多様なスーツケースは、こちらの通販ショップSUNCO SHOPで購入できます。

メーカー通販の SUNCO SHOPではタイプの違うさまざまなスーツケースが購入できる

通販ショップならば、購入した商品を自宅まで届けてもらえるため、忙しい社会人の方でも購入しやすいでしょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL