人材育成に活用されるeラーニングとは?

日本企業の人材不足は深刻なものとなっています。その大きな原因として挙げられるのがこれまで企業戦士として高度成長期を担っていた昭和20年代生まれの世代の定年退職があります。この世代は、別名ベビーブーム世代とも呼ばれ人口ピラミッドでは目立って大きなふくらみとなっています。

この他の世代に比べ多数の人口を有する昭和20年生まれの世代の定年退職は、企業にとって大きな労働力の損失を意味するとともに、それまで長年の仕事の経験で得られたノウハウに相当する経験や知識の損失にもつながります。

この2つの意味での損失は、日本における企業の生産能力や国際競争力を著しく低下させる事になり大きな社会問題となっています。これに加えて若手人口の減少に伴う労働者不足が生じる事は今や明白になってきており何らかの早急な対策が必要となります。

この様な状況とインターネット技術やソフトウェアの発展によりeラーニングによる労働者の育成が注目されています。従来の実習・教育では、1人の指導者が教育できる人数は限られています。指導者になりうる人たちはこれから急激に減少するシルバー世代に属しますので、これからの若手育成は少数の指導者による多数の学習者への効率の高いものでなくてはなりません。その意味でeラーニングの手法を用いる事は大変効果的であると言えます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL