従業員の勤怠管理をしっかり行うには?

コンプライアンス問題が連日のように取り上げられる現代社会において、会社の勤怠管理を適切に行うということは非常に重要です。

一時期「名ばかり管理職」というキーワードが世間を賑わせましたが、それにはいくつも問題が存在する中、実際の勤怠時間と全く違う勤務時間で給与を計算していたということも大きな問題の1つでした。そのような問題が全国ニュースになったこともあって、ひどい時期に比べれば全体的に改善傾向にはあると言えますが、それでも以前として根深く付きまとっているものでもあります。

勤怠管理をしっかり行うには、まず経営陣の協力が大前提です。人事や労務がいくらしっかり管理していたとしても経営陣の判断で、無意味な物になってしまいます。会社として「徹底した勤怠管理を行っていく」という方向性があれば、勤怠管理システムサービスを提供されている他社サービスを利用するのがおすすめです。勤怠の修正を行えるのは必ず上長承認が必要であったり、その詳細はしっかりと記録されて不正が起こらないような体制がとられています。

後は運営の問題であり、各個人がしっかりと勤怠を記録するように促したり、その上長らと連携をとりながら定期的にチェックしていくことが大事です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL