裁量労働制とは?導入方法やメリットなど

働き方改革が進められて、労働環境の問題点を解決するための様々な試みがなされています。

その中で長時間労働の慢性化の対策としてキーワードになるのが裁量労働制です。裁量労働制とは、仕事の進め方や時間配分が労働者の裁量に委ねられる制度のことです。決められた時間に出勤し、定時まで働くという固定時間制度とは異なり、時間に縛られずに働くことが可能で、実際の勤務時間が何時間であろうと、労使協定で定めた時間分は労働したものとみなして、賃金計算が行なわれます。

このことから、裁量労働制のメリットは仕事をやり遂げる上で、仕事にかける時間や進め方を、自分の裁量でコントロールでき、求められる成果を上げていれば、何時から何時まで働くかは自由にきめられるということ言えます。

一方で、みなし労働時間を超えてた場合、超えた分の残業代が出ないことは、デメリットだと考えられます。 明らかにみなし残業だけでは上げることができない成果が求められている状態だと、このデメリットばかりが大きくなってしまいます。 このことから、労働者の自由度を増して能力を活かす事も可能ですが、不利益にもなりかねないので、人事の適切な判断が必要になる制度だと言えるでしょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL