インバウンドマーケティングによる営業メリットとは?

マーケティング手法の中ではこれまで積極的に顧客に対して提案を行う方法が主流となってきました。顧客の課題を自社なりに分析し自社の製品と組み合わせることでその問題の解決を提案する手法が近年非常に多く用いられるようになってきましたが、本来の問題は当事者である顧客自身にしかわからない部分が多く、提案型の手法ではその課題を完全に解決することができないと考えられる面も非常に多いのです。

近年ではインターネットのWebシステムが非常に普及しており、後客が自ら問題を解決するための方法を生み出すためにインターネット上の情報を利用することが多くなっています。そのため、特定の顧客に対して積極的な提案を行うよりも、様々なケースを想定してインターネット上で情報発信を行うとともに、これらの情報を顧客に見つけやすくするためのSEO対策などを行うことで顧客の目に留まる機会を増やすインバウンドマーケティングが非常に注目を集めているのです。

この方法により企業は自社の製品が最も効率よく利用される顧客を見つける機会を増やすことができるほか、顧客自身も積極的な提案型営業に振り回されずに自らの問題点を自らの意思で解決することができるようになることから、非常に効率よく顧客と企業が結びつくものとなるとして注目されています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL